ワキの毛が気になるとき

私のワキの無駄毛の処理方法は、カミソリで剃ったあとに毛抜きで残りを抜く処理の仕方をしています。

鏡で確認はするものの、ノースリーブの洋服を着るのは処理をした時ぐらい。ワキがみえる洋服を着る時は、非常に神経を使います。自分では完璧に処理をしたつもりでも、周りの人の目線がワキにチラッといった時はドキッとします。

心の中で考えるといてもたってもいられず、トイレに行って確認をします。以外と相手は、ワキの状態をチラ見しただけであって無駄毛あるわけじゃないんですね。

実際、自分自身も相手のワキの状態が非常に気になります。つるつると、手入れのいきとどいたワキの人を見ると自分のワキの状態が逆に気になります。そんな時は、私の場合は口に出すタイプ。「わきの下、すごく綺麗だね」と、褒めます。するとたいていの人は永久脱毛をしています。

私自身も、永久脱毛を考えています。が、金銭的に余裕が無いので、日々カミソリと毛抜きで悪戦苦闘していますが、ワキの状態をチラチラ見られるのは気分のいいものでもないのし一日中気になってしまうので、なるべくはワキの下が目立たない洋服を着ることが多いですね。

ワキの無駄毛も気になりますが、ワキの肌の状態も非常に気になります。「脇があまい」ということわざもあるくらいですので、ワキの処理は気を使う部分です。

ワキの毛で本性がわかる?

私がワキの毛を気にし始めたきっかけは、ある女性を見てからでした。

電車の中で、すごくきれいな女性がいたんです。顔立ちももちろん美人だし、メイクも品良く、ヘアスタイルもちゃんとセットしてあり、同性でもほれぼれするようなたたずまいでした。私は女性ですが、きれいな人がいると憧れ半分、研究半分で、じっと見てしまうタイプ。その日も、なんてきれいな人なんだろう!と見とれていました。

ですが、そうやって見つめるうちに気づいてしまったんです。彼女のワキの毛に…。

その女性はつり革を持っていたので、ワキが見えていました。背の高い人だったので全開ではなく、控えめに見えていた感じです。でも私の角度からはしっかりと見えてしまいました。短いですが、数本のワキ毛が伸びていたんです。

そこからはもう、ワキの毛にしか目が行かず、失礼ながらそこばかり見てしまっていました。他が完璧なだけに、逆に一箇所のお手入れ不足が目立ってしまっていたんですよね。余計なお世話だと思いますが、美人なのにもったいない…と正直思ってしまいました。

私がワキの毛を特に気にするようになったのはそれからです。
その彼女ほど外見が完璧ななわけではもちろんないのですが、凡人だったらなおさら気をつけないと!という思いです。

ノースリーブの彼女

以前、勤め先にいた30代の同僚の話です。

小柄だけどスタイルは抜群、顔だちも申し分無し、ナチュラルメイクが素敵な彼女。ノリが良く、男性社員は皆メロメロで、飲み会の席取りは必至のようでした。そんな彼女はやはりオシャレ。季節の流行りを取り入れたファッションは20代にしか見えません。素敵な着こなしに、女性社員からも人気でした。

夏が終わりに近づいた頃、オシャレな彼女はノースリーブの白いシャツにグリーンのカーディガンで出社。節電が叫ばれていたため、会社の冷房も温度設定が高く、スーツの上着を脱ぐ社員もいるほど・・・。彼女も暑かったようで、カーディガンを脱ぎ、肩に羽織って仕事をしていました。


午後に近づき、さらに社内が暑くなった時、事件は起こりました。
彼女のカーディガンの向こうに黒いつぶつぶ。


そう、ノースリーブから見えるんです、伸びてきているわき毛。これまでノースリーブ姿を何度も見たことがありましたが、気がつくことはありませんでした。

きっと今日に限って、処理を怠ったのでしょう。正直、ショックでした。あの可愛い、憧れの完璧の彼女が、わき毛…。

このような状況に陥ったときは悩みますね、見えていることを教えてあげるか。仕事の話なんて耳に入ってくる訳もなく、どうしようか葛藤は続きます。
言ってあげたいけど、とても言いにくい!

はい、私は見なかったことにしました。
オシャレ番長の経歴に傷を付ける勇気はありませんでした。

その後、寿退社をした彼女。
未だに彼女の話題が出ると、わき毛が頭をよぎります。

誰にも言えない、私の秘密です。

脱毛 新宿

このページの先頭へ戻る